• information
  • service
  • kounyuu
  • offcameraflash_guidebok
  • strobe_kouza
  • Online Seminar
  • PAV_banner
  • sentoushi
  • Studio
  • Nissin×Hacostudio
  • oshirase

製品リスト





【新製品】電波式TTLコマンダーの上位機種「Air10s」を4月より発売

ファームウェア更新が自分で簡単に出来る
電波式TTLコマンダーの上位機種
「Air10s」を4月より発売

ニッシンジャパン株式会社(取締役社長:後藤力)は、ニッシン独自の電波式ワイヤレスTTL通信システム「NAS」(Nissin Air System)対応コマンダー「Air10s」を2017年4月よりマウントごとに順次発売します。

■技適取得、高機能NASコマンダー「Air10s」
Air10sはNAS*1コマンダーの従来モデルAir1の上位モデルで、NAS対応ストロボ(i60A, Di700A)やレシーバーAirRを遠隔操作できます。操作画面は日中でも見やすいカラーLCDに変更。操作性については従来モデルで好評の分かりやすいシンプルさとクイックなダイヤル形式を継承しています。
また、日本の技術基準適合証明(技適マーク)を取得しておりますので安心してご利用頂けます。

■「マイクロSDスロット」によりファームウェア更新が自分で簡単に
Air10sはファームウェア更新用マイクロSDスロットを備えていますので、更新ファームウェアをインターネット経由でダウンロードし、ユーザーご自身でファームウェアアップデートを行うことが出来ます。今後のニッシン製品のストロボ本体やコマンダーはマイクロSDスロットを標準装備する予定。

■TTL、HSS、後幕シンクロ*2に対応しながら使用可能範囲は拡大「最長100m」
TTLモード、1/8000の高速シャッターまで対応するハイスピードシンクロ(FP発光)機能、後幕シンクロなど多彩な機能を遠隔操作でき、かつ使用可能範囲は従来モデルより大幅に拡大し100mに。プロフェッショナルな撮影にも応えられる仕様です。(使用環境により異なります)

■「1/3EVステップ」、「マニュアル1/256」*3
マニュアルモードもTTLモードも1/3EVステップによる細やかな調節が可能です。しかも、マニュアルモードでは高感度撮影時に便利な1/256という小発光にも対応しています。

■TTLの発光レベルをマニュアルに置き換えられる「TTLメモリー」
TTLモードで発光させたときの光量を記憶し、ワンタッチでマニュアルモードに置き換える「TTLメモリー機能」を搭載。TTLモードで得た大まかな発光レベルを、すぐさまマニュアルモードで微調整できるので、撮影手順を簡略化することが出来ます。

■複数台のAir10sとペアリング出来る「オープンモード」
NASストロボ(i60A, Di700A)*4に複数台のAir10sをペアリング出来る新機能オープンモードを搭載。これにより、ペアリングをやり直さなくても、同じセッティングのままカメラを取り替えて撮影できます。写真教室やグループ撮影などでスムーズな進行ができるとても便利な機能です。

■異なるマウントのNASストロボもフルコントロール
たとえばAir10sがソニー用の場合、キヤノン、ニコン用など異なるマウントのNASストロボ(i60A、Di700A)とでもペアリングが可能で、TTLモードなどすべての機能を利用できます。(他のマウントのAir10sも同様)

*1 NASとは…「NAS」(Nissin Air System)は、屋外や遮蔽物のある環境でもスレーブストロボを安定して動作させることができる2.4GHz帯を使ったニッシン独自の電波式ワイヤレスTTL通信システムです。事前にペアリングした機器同士のみが通信を行う仕組みを採用したり、万一の混信を避けるため使用チャンネルが8つの中から選択したりするなど安定した通信環境を提供するための工夫を施しています。 *2 キヤノン用はモードII設定時には後幕シンクロが利用できません。*3 i60Aのみ対応。Di700A、AirRとペアリングする場合は、TTLは-2.0~2.0EV, 1/2EVステップ、マニュアルは1/1-1/128, 1EVステップとなります。 *4 オープオンモードに対応するにはNASストロボのファームウェア更新が必要です。

コマンダー Air10s 主な仕様
タイプ       ソニー用・キヤノン用・ニコン用・フォーサーズ用・富士フイルム用
対応ストロボ    i60A, Di700A
対応レシーバー   AirR
ワイヤレス方式   電波式(光学式ワイヤレスTTL機能は非搭載)
電波仕様      2.4GHz帯 (ISMバンド) 技術基準適合証明
通信        事前にペアリング設定を行ったNASストロボとのみ通信
チャンネル     8チャンネル
発光グループ    8グループ(A・B・C・D・A’・B’・C’・D’)*
                            グループ別制御、一括制御、特定グループ発光停止が可能
電源        単4型2本(別売)
発光間隔      最速10回 / 秒
発光回数      約3,000回(アルカリ乾電池使用時)
使用可能範囲    最長100m(使用環境によって異なります)
動作モード     [TTLモード] E-TTL II,E-TTL(キヤノン用)/ i-TTL(ニコン用)/ ADI, P-TTL(ソニー用)/ TTL(フォーサーズ用)/ TTL(富士フイルム用)・[マニュアルモード]

ズーム調整     本機よりNASストロボの照射角変更可能(24/35/50/70/85/105/135/200mm)

光量調節      [TTL]-2.0~+2.0 1/3EVステップ [マニュアル]1~1/256 1/3EVステップ

その他の機能    TTLメモリー、オープンモード、モデリングライト*、FE/FVロック、後幕シンクロ(ソニー用は非対応)、ハイスピードシンクロ(富士フイルム用を除く)、赤目軽減モード(ニコン用、フォーサーズ用<オリンパスのみ>、富士フイルム用)、スローシンクロモード対応(ニコン用、フォーサーズ用、富士フイルム用)

その他の装備    MicroSDカードスロット(ファームウェア更新用)、リモートレリーズ用ソケット

AF補助光有効範囲  0.7~5m(カメラのモデルによってはAF補助光が機能しません。)
背面操作部     カラーLCD・ダイヤル式マルチセレクター
大きさ       約65(L) x 60(W) x 60(H)mm
質量        約73g(電池除く)

*「8グループ」と「モデリングライト」は今後発売するニッシン製品のために用意している機能です。現行モデルには対応しておりません。

■発売概要
「Air10s」 ソニー用、キヤノン用、ニコン用、フォーサーズ用、富士フイルム用   オープン価格

対応機種 後日ホームページの対応表で御覧いただけるようになります。

発売予定  2017年4月より各マウントを順次発売予定

販売店 ネット店: ニッシンデジタル・ダイレクト 本店 / Yahoo!店 / AMAZON店
リアル店: カメラの川田(札幌)・サトーカメラ スーパーカメラセンター宇都宮本店・タカナシカメラ新潟桜木店・フジヤカメラ店(東京)・KOMEHYOカメラ楽器館(名古屋)・カメラのナニワ京都店・カメラの大林(大阪)・カメラのカツミ堂(神戸)・カメラのサエダ 本通り店(広島)・タカチホカメラ 天神店(福岡)・よしみカメラ(宮崎)・オリエンタル・ホビー(沖縄) 各店舗店頭

本件に対するお問い合わせ先:ニッシンジャパン株式会社
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北1-17-5 上野ビル2F 
電話:050-3736-7756 FAX:03-5345-8453

製品の外観・仕様・価格などは、予告なく変更する場合がございます。    
記載の会社名や製品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。

製品写真
(1)Air10s 製品写真(キヤノン用、ニコン用)

Air10_fr_canon_new_l_rgb

(2)Air10s 製品写真(ソニー用、マルチインターフェースシュー)

Air10_fr_sony_new_l_rgb

(3)Air10s 操作部

Air10_fc1_new_l_rgb


(4)Air10s 側面(ファームウェアアップデート用MicroSDカードスロット)

Air10_sr_new_l_rgb

(5)Air10s 側面(リモートレリーズ用ソケット)

Air10_sl_new_l_rgb

 (6)Air10sマイクロSDカード挿入イメージ

Air10_fr_canon_msd_blue