• oshirase
  • information
  • service
  • kounyuu
  • strobe_kouza
  • Online Seminar
  • Nissin×Hacostudio
  • sentoushi
  • PAV_banner

製品リスト





スピードライト Di866プロ 製品概要

Main

Di866プロ 各部名称と仕様一覧Di866プロ よくあるご質問と回答

機能比較表

866hikaku_2

ファームウェアアップデート

同じメーカーの新しいカメラに買い替えても、スピードライトDi866なら安心。ファームウェアアップデート用端子により、最新の対応ソフト(ファームウェア)に入れ替えれば新しいカメラにご使用できます(※1)。永く継続してお使いいただける安心の機能です。

>アップデートサービスの詳細は、サポートをご覧ください。

※1 弊社がカメラとの組み合わせを公表するモデルがアップデートサービスの対象モデルです。

カメラとの組み合わせ

Di866は、キヤノン製EOSデジタル一眼レフカメラ用とニコン製デジタル一眼レフカメラ用の2種類があります。

対応カメラについてはこちらをご覧ください。

主な機能

カラー液晶
01 分かりやすいナビゲーションアイコンによって直感的に操作できるカラー液晶パネル(自動回転機能付き)。
多彩な機能を6つのアイコンに集約。使用頻度の高いモードを上段に配置。マ高度な設定が必要なモードを下段に配置しています。また、ストロボを90°回転させても液晶画面は水平を保つ、自動回転機能を採用。カメラを構える位置にかかわらず、液晶画面の見やすさが向上しました。

■デジタルTTL対応
02_2 デジタルTTLはもちろんのこと、マニュアル、外部自動調光、マルチ発光モードなど多彩な発光モードを装備。
プリ(モニター)発光による事前の測光をもとに最適な発光(本発光)を行うデジタルTTL(キヤノン用はE-TTL II/E-TTL。ニコン用はi-TTL/i-TTL-BL)に対応。TTL調光補正をストロボ側で行うことができます。また、マニュアル(1/1~1/128)、外部自動調光(F1.4~16)、マルチ発光(1/8~1/128)モードなど多彩な機能を装備しています。

■ワイヤレスTTL互換
03 ワイヤレスTTLモードでは、自由自在なライティングを可能にする高度なワイヤレス設定(マスターストロボ/リモートストロボ)が可能。
Di866プロのワイヤレス制御システムは、キヤノンやニコンのワイヤレスTTLシステムと互換性があり、マスターストロボとしてもリモートストロボとしても使用できます。

撮影の幅を広げる豊富な機能と拡張性

■サブ発光部
04 メイン発光部をバウンス(発光部を回転させて天井や壁にストロボ光を反射させること)させるときに、ストロボ前面のサブ発光部を発光させて被写体を直接照射することができます(キャッチライト)。 

■自動ズーム(照射角24~105mm)
08 レンズの焦点距離に応じて自動的に照射角を調節する自動ズーム機能を搭載。内蔵ワイドパネルを装着すると広角18mm(35mmフォーマット)をカバーします。

マイTTL設定
05 TTL調光のとき、通常はTTLの発光量は自動制御によって最適なレベルに固定されていますが、ニッシン独自の機能「マイTTL設定」によって、TTLの調光レベルを自分好みのレベルにシフトできます。

■クイックローディングシステム
06 素早いバッテリー交換が可能なクイックローディングシステム。 単3形電池4本をすべて同じ方向に挿入できます。

■豊富な外部端子
①外部電源用端子・・・ニッシン製高性能充電式ストロボ外部電源「パワーパックプロ300」を接続し、高速チャージを行うことができます。
②シンクロ端子・・・シンクロ端子による接続により、カメラとシンクロ同調させることができます。
③ファームウェアアップデート用USB端子・・・最新のファームウェアにアップデートするためのUSB端子を装備。

■ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ機能
11 後幕シンクロ機能は、被写体の動きを光の軌跡として表現することが出来、流れるような動きのあるイメージの写真が撮れます。

*ハイスピードシンクロ機能は、TTLモード時のみ使用できます。

10 ■90°左90°右180°のバウンス機構

09 ■キャッチライトパネル、ワイドパネル内蔵

アウトレット販売はニッシンジャパン/アマゾン店で。

Di866プロ 各部名称と仕様一覧Di866プロ よくあるご質問と回答