ニッシンデジタル - ストロボ、スピードライト、フラッシュ

コラム

スーパーレフホルダーを使ったレフ板活用術!

スーパーレフホルダーを使ったレフ板活用術!

持ち運びに便利、色んな使い道が楽しめる!
今回はスーパーライトスタンドスーパーレフホルダーレフを使った撮影術をご紹介します。

レフ板を活用しよう!

ポートレート撮影の補助アイテムとしては定番のレフ板。ストロボの前にまずはレフ板を買った!という方も多いのではないでしょうか。ですが1対1の撮影ではレフ板を自分で持たないといけないため片手にカメラ、片手にレフ板で上手く扱えなかったり、撮影距離が近くないと効果がなかったり……。上手に使いこなせずあまり活用できていない、という方もいるかと思います。
アシスタントが持ってくれればいいけど、頼める人もいないし……。そんな時、アシスタント代わりにレフ板を持ってくれるのがスーパーレフホルダーです。


ニッシンのスーパーライトスタンドとスーパーレフホルダーはカーボン製でとても軽量。折りたたむと小さくなるので、気軽にどこへでも持っていけます。

スーパーライトスタンドEXスーパーレフホルダーをセットしました。そこにレフ板を取り付けて、撮影に使ってみましょう!

レフ板で自然光を反射させる

まずは定番の自然光を反射させる使い方です。
屋外の撮影で逆光の時に、自然光をレフ板に反射させることで影になった顔を明るく照らしてあげることができます。

まずはレフ板を使わずに自然光だけで撮ってみます。

自然光のみ(レフ板なし)

上からの光なため下方向に影ができています。前髪の影ができ瞳にキャッチライトも入っていないため、目元が暗い印象です。全体に顔が暗いので露出補正で明るくするのも手ですが、既に明るい部分は露出オーバーになってきます。では、ここにレフ板を当ててみましょう。

モデルの前にレフ板(銀)をセットしました。
太陽光は上から当たっているため、その光を反射させるには少し下からレフ板を当てると効果的です。ただし、あまり真下から当てると不自然な照らし方になってしまうこともあるので角度に注意しましょう。
撮影結果がこちらです。

自然光+レフ板(銀)

レフ板で顔が照らされ明るくなりました!顔にできていた影が薄くなり、肌も綺麗に写っています。

レフ板なしと白レフ、銀レフを比較してみると、白レフも明るく返っていますが瞳の表現などに違いがあります。曇りの日は自然光が柔らかく弱いため、銀レフを使うと明るくはっきりと光が返りおすすめです。キャッチライトが入ることで瞳が明るい印象になります。
晴れている日は強い太陽光を銀レフで返すと眩しすぎることがあるため、柔らかく光を反射する白レフがおすすめです。

スーパーライトスタンドEX LS-55Cは脚の1本に角度調整機構が付いているため、坂や段差のある場所にもまっすぐ立てることができます。普通のスタンドだと立てられないような場所にスタンドを立てることができ、とても便利です。(転倒しないように注意して立てましょう!)
白/銀のレフ板は状況により使い分けることができ、様々なシーンで活用できます。ニッシンのレフ板は持ち手が付いているため、カメラを構えながら自分でレフ板を持たなくてはいけない時も取り回しがしやすく扱いやすいです。

ストロボ光を反射させる

レフ板の使い道は自然光を反射させるだけじゃありません。ストロボ光を反射させて使うこともできます。
まずはカメラに取り付けたストロボの光を直射でモデルに当ててみます。

オンカメラ直射

自然光では顔が暗くなってしまう時、ストロボの光で照らすと顔を明るく写すことができます。
ストロボ直射の光は発光面積が小さく硬い光です。オンカメラ直射にすると真正面から光が当たるため、状況によっては硬く不自然な印象になりやすいです。
これでも十分綺麗ですが、もう少し柔らかく自然な印象にしたい……。そんな時は、ストロボ光をレフ板に反射させてみましょう。

オンカメラレフ板バウンス

ストロボのヘッドを回転させ、レフ板に向けました。レフ板にストロボ光を反射させたことにより光が大きく柔らかくなり、ふわっとした表現になりました。滑らかな描写になるため、肌も美肌に写ります。

 

【応用】オフカメラストロボ光を反射させる

撮影の日は生憎の曇り空。残念ながら太陽の日差しは出ていませんでした。そんな時は、オフカメラ・ライティングでストロボ光を太陽光代わりにすることができます。

オフカメラ直射+レフ板(白)

モデルの斜め後ろ高い位置から、ストロボの光を直射で当てました。まるで晴れた日に撮影したように、髪の毛にキラキラと輝きが生まれました。ストロボの光を白レフで返すことで顔も明るく柔らかく照らされています。ストロボを1灯足しただけで一歩先の表現が可能になります!

屋外だけじゃない!室内でも

レフ板が使えるのは明るい光がある屋外だけではありません。室内でも、ストロボと組み合わせることで様々な使い方が楽しめます。

天井バウンス+レフ板で影を弱める

白い天井にストロボ光を反射させる天井バウンス。手軽に柔らかい光を作ることができるライティングですが、天井の高さやバウンスの位置によっては下方向に影が多くできてしまうこともあります。

天井バウンス

バウンス位置が頭上に近いため下方向に影ができ、少々微妙な写りです。目にキャッチライトも入っておらず、表情が暗く見えます。
では、影を弱めるために下からレフ板を当ててみましょう。

天井バウンス+レフ板(銀)

前髪の影や首の下の影が弱まり明るくなりました。銀レフを使ったことで目にキャッチライトが入り、目元が明るい印象になっています。レフ板をできるだけ近づけて使う必要があるため、上半身の写真やプロフィール写真などを撮る時におすすめの使い方です。

レフ板を天井や壁の代わりにしてバウンス撮影する

白い天井や壁などバウンスできる場所がないときは、レフ板を立てることでバウンス撮影をすることができます。

スーパーレフホルダーの向きを回し、天井の代わりになるようにレフ板を立てました。天井や壁に色がついている・遠すぎるなど、バウンス撮影に向かないときはレフ板で代用できます。

レフ板バウンス

座って撮影すると天井が高くなりすぎてしまうので、レフ板を天井代わりにする使い方はおすすめです!

オフカメラストロボでレフ板に反射させる

ストロボをカメラから離して使う場合、レフ板に光をバウンスさせてライティングすることも可能です。

ライトスタンドに立てたストロボ光がレフ板に反射しするようにライティングしました。発光面積が大きくなるため光が回り柔らかい表現になります。

オフカメラ+レフ板(白)

オフカメラにすることで撮影者は自由に動けるため、全身もアップも撮影しやすくなります。スタンドを立てる位置がサイドになるほどに陰影が付き、立体的な表現になります。

ニッシンのスーパーライトスタンド・スーパーレフホルダーはとても軽く、折りたたむと小さくなるためとにかく持ち運びに便利です。外でも中でも色んな場所で使えるおすすめのアイテムです。
レフホルダーはレフ板を取り付けるだけでなく、トレーシングペーパーや布を垂らすのにも使えます。1本持っているとアイディア次第で様々な使い方ができます。

こちらの記事ではトレーシングペーパーを使った撮影方法を紹介しています。ぜひご覧ください。
ストロボを使って料理写真を美味しそうに撮るコツ
https://www.nissin-japan.com/column/post-6265/

お出かけ撮影に最適なスーパーライトスタンドシリーズとスーパーレフホルダー、是非活用してみてください!

 スーパーレフホルダーRH-100C 製品ページはこちら!

レフ ホワイト/シルバー80 製品ページはこちら!

スーパーライトスタンドEX LS-55C 製品ページはこちら!

i60A 製品ページはこちら!

Air10s 製品ページはこちら!

モデル:春菜
撮影・執筆:えはらあい

(2019/09/10)