ニッシンデジタル - ストロボ・フラッシュ

機種別FAQ

リングフラッシュMF18 「歯科 口腔内写真」のFAQまとめ

【よくある質問と回答】

Q. ストロボを口腔内写真撮影に使う理由は何ですか?

A. 4つ理由があります。①「被写界深度を得るため」②「定常光の影響を抑えるため」③「演色性が高いため」④「ブレを防ぐため」です。

① 「被写界深度を得るため」
前歯から奥歯までピントが合って見えるためには「被写界深度」が必要です。「被写界深度」を得るためには、レンズの絞りを絞らなければなりません(F22~25)が、絞るとレンズから入る光の量が少なくなって画面が暗くなります。それを補うためにストロボの大光量が必要です。

②「定常光の影響を抑えるため」
カメラの絞りを絞るもう一つのメリットは、定常光(部屋の照明や反射など)が写真に与える影響を少なくするためです。撮影対象の露出の明るさは、安定したストロボ光だけでほぼ得ることができます。

③「演色性が高いため」
ストロボは演色性が高い(Ra96)光源です。演色性は、太陽光の下で見れる自然な色味を基準(Ra100)として、数値が高いほど自然な色味に近くなります。

④「ブレを防ぐため」
ストロボは写真に悪影響を与える「ブレ」を防げます。ブレには撮影者による「手ブレ」と被写体が動くことによる「被写体ブレ」の2種類がありますが、ストロボは光っている間の時間(閃光時間)が、数千分の1秒と短いため、どちらのブレの影響も抑えることができます。

Q. ストロボの中でもリングフラッシュを口腔内写真撮影に使う理由は何ですか?

A. 奥歯まで光を届かせるために、できるだけレンズの近くに光源を配置する必要があるためです。

Q. ツインフラッシュとリングフラッシュの違いは何ですか?

A. 向き不向きがあります。リングフラッシュは狭い場所を照らすのは得意ですが、平らなものを撮影すると反射が目立ちやすくなります。一方、ツインフラッシュは、入射角に角度が付きますので、リングフラッシュに比べ反射が起こりにくいのが特徴ですが、狭い場所を照らすのは得意ではありません。

Q. リングフラッシュMF18の使い方を教えて下さい。

A. 製品に関する使い方、FAQなど情報は「MF18製品ページ」をご御覧ください。

Q. 撮影方法を教えてもらえますか?

A. 下記のリンク先をご参照お願いします。
     MF18を使った口腔内規格写真(5枚法)の撮り方【動画】
     口腔内規格写真(5枚法)撮影術【WEB解説】
     書籍のご紹介:誰でも撮れるきれいで規格性のある口腔内写真  高田 光彦 (著), 高橋 規子