ニッシンデジタル - ストロボ、スピードライト、フラッシュ

MG8 FAQ ( 2 )

NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

ストロボやコマンダーの対応マウントを問わず、全ての組み合わせで自由にペアリングして全機能が使用できる、ニッシン独自の電波式ワイヤレスシステム「NAS」。 おかげさまで、初代NAS対応製品「Di700A」「Air1」からスタートし、TTL発光対応・発光量とズーム照射角がリモート操作できるなど数多くのメリットから、幅広いユ...
【Air10s・MG10・MG8】Air10sで照射角をオートズームに設定しているのに、MG10/MG8の照射角がレンズの画角の変化に連動しません。
Air10sでオートズームを設定している場合、発光ヘッドを正面(MG10/MG8のシャッターボタン側)以外の向き(下に7度下げた時も含みます)にすると、照射角は50mmに固定されます。レンズの焦点距離には連動いたしません。 また、ストロボヘッドの下部(シリアルラベル近傍)の直径1mm程度の穴と、ヘッドが正面向きの時にそ...
【Air10s・MG10・MG8】MG10の制御にAir10sの代わりにAir1を使用することはできますか?
はい、可能です。 但し、機能上多くの制限があります。 使用できるグループはA~Cの基本グループのみ、モデリングライト・オートズーム・オープンモード・TTLメモリー・リモートシャッターの各機能は使用不可、調光ステップはTTLモード時は1/2EVステップ、マニュアル調光時は1EVステップとなります。(Air10sは何れも1...
【MG10・MG8】16650サイズの電池にスペーサーを使用してMG10/MG8で使用できますか?
推奨以外の電池にスペーサーなどを取り付けて使用すると、その電池が許容する以上の電流が流れることにより電池内蔵の保護回路が動作して電池が使用不能になったり、異常動作時に過熱保護機能等の保安機能が正常に動作せず、本体が故障したり発火、ケガ等の原因となりますので、必ず推奨するサイズ(26650)の電池をご使用ください。
【MG10・MG8】ズームカバーを外すと青っぽく写ります。
ストロボの発光管から発する光は青白いため、一般的にはフレネルレンズで色調整をしています。 Mg10/MG8もフレネルレンズで色調整をしていますが、ズームカバーを外すとフレネルレンズ無しの状態になるため、発光管本来の光色になります。 この時、カメラのホワイトバランスをAUTOにして撮影すると青白く写ることがありますので、...
【Air10s・AirR】AirRに載せたストロボをAir10sを取り付けたカメラから発光させることが出来ません
キヤノンまたはニコン用のAir10sを使用する場合、AirRのファームウェアのバージョンを最新版(1/3EVステップ調光対応版)にしていただく必要がございます。 AirRのファームウェアのバージョンが古い(1/3EVステップ調光非対応版)場合は、暫定的にAir10sのファームウエアのバージョンをダウングレードしていただ...
【MG10・MG8】MG10・MG8に使用できる動作確認済みリチウムイオン充電池は? What is the operation confirmed lithium ion rechargeable battery that can be used for MG 10?

【MG10・MG8】MG10・MG8に使用できる動作確認済みリチウムイオン充電池は? What is the operation confirmed lithium ion rechargeable ...

MG10/MG8は、単3形乾電池8本用のカートリッジと市販のリチウムイオン充電池を利用できるリチウムイオン充電池用カートリッジが付属しています。リチウムイオン充電池の方が、発光回数が多く充電時間も短いというメリットがあります。ただし、リチウムイオン充電池は熱や衝撃などに弱く非常にデリケートなため、取り扱いには十分お気を...