ストロボ・スピードライト・フラッシュならニッシンデジタル

Di700A

多灯が簡単にできる、電波式ワイヤレスTTL機能内蔵モデル

Di700A 製品情報

情報メニュー

  • 概 要
  • 仕 様
  • 取扱説明書
  • ファームウェア・アップデート
製品名: Di700A
タイプ: キヤノン用/ニコン用/ソニー用/富士フイルム用/フォーサーズ用
対応カメラ: 対応リストをご確認ください
価格: オープン(購入方法・取扱店


■ニッシンストロボ初の電波式ワイヤレスTTLシステムを搭載

ニッシン独自の電波式ワイヤレスTTLシステム「NAS(Nissin Air System)」を搭載。
NASコマンダー「Air1」・「Air10s」と組み合わせる事によって、従来の光学式ワイヤレスTTLでは難しかった明るい屋外や障害物の多い環境でも、電波式ならではの確実な通信動作とシンプルな操作性で飛躍的に簡単に撮影ができるようになりました。
発光グループはA/B/Cの3グループ。事前にペアリングしたAir1・Air10sとのみ通信するため、混信や誤動作の起こりにくい安定した環境を実現しました。
NAS規格の電波式ワイヤレスTTLスレーブのほかにデジタルスレーブ(SD)、アナログスレーブ(SF)、光学式ワイヤレスTTLスレーブ(グループA/B/C)など豊富なワイヤレス発光モードを装備。
光学式ワイヤレスTTLスレーブは純正ストロボのワイヤレスTTLシステムと互換性(富士フイルム用は非対応)があり、A,B,Cの発光グループ設定が可能です。(光学式ワイヤレスTTLの場合、チャンネル1~4全てで受信)

■軽快な操作とスタイリッシュなデザインBack_panel_3_7

直感で操作できるダイヤル式操作ボタンと、レスポンスが良く、設定状態が見分けやすいシンプルなカラーディスプレイにより、素早く確実な操作が出来るようになりました。
本体形状はラウンドフォルムを採用し「スタイリッシュさ」と「カメラへの取り付けしやすさ」を両立しています。

 

■200mmまでのズーム

広角24mmから望遠200mm*まで照射角を可変できるようになりました。(レンズ焦点距離が200mmを超える場合は、照射角200mmでカバーします。)
これにより、最大ガイドナンバー54を実現。
Air1から発光グループごとのズーム照射角設定も可能で、撮影表現の幅が広まります。

 

■ヘッド部ロック機構と可動範囲の拡大
不用意にヘッドが動かないようロック機構を採用。
またヘッド可動範囲も左右ともに180°・上方向90°・下方向7°と拡大。自由自在なバウンスが可能です。

 

 

◾️豊富な発光モードを搭載
各社デジタルTTLはもちろんのこと、マニュアル(M)、デジタルスレーブ(SD)、アナログスレーブ(SF)、ワイヤレスTTLリモート(グループABC)(富士フイルム用は非対応)など豊富な発光モードを装備。
TTL調光補正(-2.0~+2.0EV、0.5EVステップ)をストロボ側で行うことができます。(TTL調光補正はカメラ側からも行えます。ただしストロボの表示は非連動。)
マニュアル(M)は、1/1~1/128まで、1EVステップごとの調節ができます。 

 

■クイックローディングシステム
横方向へスライドする素早いバッテリー交換が可能な新設計クイックローディングシステム(BM-02)を搭載。 単3形電池4本をすべて同じ方向に挿入できるバッテリーマガジンです。

 

 

■豊富な外部端子
外部電源用端子・・・外部電源を接続し、高速チャージを行うことができます。
シンクロ端子・・・シンクロ端子による接続により、カメラとシンクロ同調させることができます。
ストロボ増設用端子・・・市販の3.5mmφミニジャックタイプのシンクロコードをつないで、ストロボを増設することができます。

 

■ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ機能
ハイスピードシンクロ(FP発光)、後幕シンクロの設定が可能です。後幕シンクロ機能は、被写体の動きを光の軌跡として表現することが出来、流れるような動きのあるイメージの写真が撮れます。
※カメラの仕様により利用できない場合があります。

 

◾️キャッチライトパネル、ワイドパネル内蔵
バウンス撮影で便利なキャッチライトパネルを内蔵。スライド式で楽に操作が可能です。
また16mmの画角をカバーするワイドパネルは発光部上部に内蔵することで、完全に独立してセッティングが可能です。

 

【各部名称】

【Di700A 主な仕様】

  • 対応カメラ:
    【キヤノン用】キヤノン製EOSデジタル一眼レフカメラ
    【ニコン用】ニコン製デジタル一眼レフカメラ
    【ソニー用】ソニー製デジタルカメラ
    【フォーサーズ用】オリンパス製デジタル一眼カメラ、パナソニック製LUMIXデジタル一眼カメラ
    【富士フイルム用】富士フイルム製Xシリーズデジタル一眼カメラ
  • ガイドナンバー(GN/照射角):
    54/200mm・49/135mm・48/105mm・47/85mm・41/70mm・32/50mm・28/35mm・25/28mm・22/24mm・17/16mm(ワイドパネル) ※ISO100相当
  • 照射角:24~200mm以上(内蔵ワイドパネル:16mm)
  • 電源:単3形電池4本使用(電池別売)
  • 電池収納方式:クイックローディングシステム(BM-02)
  • 発光間隔:約0.1~4秒(ニッケル水素電池、アルカリ乾電池)
  • 発光回数:約200~1,500回(アルカリ乾電池の場合)※使用モードにより異なります。
  • モード:
    TTL・・・E-TTL/E-TTL II (キヤノン用)、i-TTL/i-TTL-BL(ニコン用)、P-TTL/ADI調光(ソニー用)、TTLオート(フォーサーズ用)、TTL(富士フイルム用)
    マニュアル・・・FULL~1/128、1EVステップ
    SD(デジタルスレーブ)・・・FULL~1/128(フォーサーズ用のみ1/4〜1/128)、1EVステップ
    SF(アナログスレーブ)・・・FULL~1/128、1EVステップ
    電波式ワイヤレスTTL(NAS)スレーブ・・・A/B/Cグループ、固有IDにより識別
    光学式ワイヤレスTTLスレーブ*・・・A/B/Cグループ、チャンネル共通
    *富士フイルム用は非搭載
  • バウンス:上方90°、左180°、右180°、下方7°
  • FE/FVロック:
    【FEL】または【*】ボタンによる(キヤノン用)
    【AE-L】または【AF-L】ボタンによる(ニコン用)
  • 後幕シンクロ:対応*1
  • ハイスピードシンクロ/FP発光:対応*1
  • スローシンクロモード(ニコン用):対応*1
  • 赤目軽減モード(ニコン用・フォーサーズ用):対応*1
  • 赤目軽減+スローシンクロモード(ニコン用):対応*1
  • ストロボ調光補正機能:-2.0~+2.0、1/2EVステップ
  • AF補助光*2:有効距離0.7~6m
  • 色温度:約5,600K
  • 閃光時間:1/800(マニュアルモード/フル発光)、1/800~1/30,000秒(TTLモード)
  • 背面操作部:LEDカラーディスプレイ
  • ファームウェアアップデート端子:あり(専用端子)
  • シンクロ端子:あり(PC端子)
  • ストロボ増設用端子:あり(モノラルミニ端子)
  • 外部電源端子: ニッシン製または純正外部電源に対応
  • 付属品:ソフトケース、三脚ねじ穴付きスタンド
  • 寸法(幅x高さx奥行):約75x140x115mm
  • 質量:380g(電池除く)
    *1 カメラ側で設定が必要です。また、カメラ側に機能がない機種があります。
    *2 カメラの仕様により発光しない場合があります。

※製品の仕様は、改良などにより予告なく変更することがあります。

【キヤノン用】【ニコン用】
Di700A_Canon_Nikon_Manual.pdf(PDF:1.7 MB)
【ソニー用】
Di700A_Sony_Manual.pdf(PDF:1.5 MB)
【富士フイルム用】
Di700A_Fuji_Manual_16.11.8_a4.pdf(PDF:2.7 MB)
【フォーサーズ用】
Di700A_43rds_Manual_17012701.pdf(PDF:3.1 MB)

【ニッシンジャパン製品取扱説明書ダウンロードサービス利用上のご注意】

  • 取扱説明書等の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。そのため、本サービスにおいて提供される取扱説明書の内容は、お客様がご購入になられた製品や現時点で販売されている製品に同梱の取扱説明書等の内容と異なる場合があります。
  • ニッシンジャパン株式会社の許可なくダウンロードした取扱説明書の内容の一部、または全部を複製、改変したり、送信したりすることはできません。
  • 本ウェブサイトでは、当社が発売した全ての機種の取扱説明書は公開しておりません。また、生産中止などにより過去の製品に関する取扱説明書をご提供できない場合があります。
  • 本ウェブサイトに取扱説明書が公開されていても、対象機種が生産中止などの理由でご購入できない場合があります。
■最新のファームウェアバージョンは以下のとおりです。

  • キヤノン用 11
  • ニコン用 11
  • ソニー用 3
  • 富士フイルム用 3
  • フォーサーズ用 2

ファームウェアの変更履歴はこちら

■バージョンの確認方法

  1. 電池を入れ、ストロボの電源を入れます。
  2. ストロボの電源ボタンを押しながら、素早くテスト発光ボタンを押し続けます。電源ボタンを押して1秒以内にテスト発光ボタンを押さないと、電源OFF動作となりますのでご注意下さい。
  3. 電源ボタン放し、そのままテスト発光ボタンを押したままキープします。この時ディスプレイ内のLEDの点灯位置と数でバージョンを確認します。
    ※ランプ位置が判断しにくい場合は、いったんストロボをMモードで光量1/1に設定した状態から上記操作を行うと分かりやすくなります。
  4. ランプ表示は「2進数」になっています。
    (下図の場合は、点灯を●印・消灯を-印とすると「—–●-●」となっていますので、バージョンは5となります)※2進法での数字の計算方法例として、LEDが8ケタあるDi700Aで解説致します。LED点灯を●印、LED消灯を-印で表記します。
    ——-● → 1
    ——●- → 2
    ——●● → 3
    —–●– → 4
    —–●-● → 5
    —–●●- → 6
    —–●●● → 7
    —-●— → 8
    —-●–● → 9
    —-●-●- → 10
    —-●-●● → 11
    —-●●– → 12

■ファームアップの方法

弊社で作業を行います。
【ファームアップ依頼フォーム】にご入力の上、製品を弊社へお送りいただくか、弊社ショールームへ直接お持ち込みお願いします。

送付先・ショールーム所在地:
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北1-17-5 上野ビル2F
ニッシンジャパン ファームアップ係

◾️料金

ファームアップは無料です。送料はお客様ご負担でお願いします。

なお、購入証明書*のコピーを添付していただけますと、返却時の送料を弊社で負担いたします。
中古品、海外での購入品、並行輸入品などの場合は返却時送料サービスは適用されませんが、ファームアップは無料でお受けいたします。
*購入店や購入日のわかる領収証や納品書、メール画面コピー等。

◾️所要日数

送付の場合:1〜2営業日
ご来社の場合:約10分程度(混雑状況による)

◾️ファームアップご依頼時のご注意

お送りいただきましたファームアップ依頼品の到着(受付)・進捗状況・返却予定日などに関しては特別な理由がない限り弊社より個別に連絡はしておりません。
進捗状況のご確認はお問い合わせフォームよりお願いします。

ファームアップ作業のみ承ります。
修理や動作確認(有料)をご希望の場合はサービス対応(修理等)依頼フォームより、お申し込みをお願いします。

 

取扱店舗一覧
弊社商品をお求めのお客様は「購入方法」よりご確認ください。