ニッシンデジタル -ストロボ・スピードライト・フラッシュ

MF18

微細を極める。微小発光モード搭載。

MF18 製品情報

情報メニュー

  • 概 要
  • 仕 様
  • 取扱説明書
  • ファームウェア・アップデート
  • 【歯科】口腔内規格写真
製品名: MF18
タイプ: キヤノン用/ニコン用
対応カメラ: 対応リストをご確認ください
価格: オープン(購入方法・取扱店


◾️デジタルTTL対応。シャッターを押すだけの簡単操作
キヤノン、ニコンのデジタル一眼レフカメラもデジタルTTLに対応。
自動的に発光量を調節するので、カメラに取り付けてシャッターを押すだけで簡単にマクロ撮影ができます。

 

◾️ファインマクロ(微小発光モード)搭載
マニュアルモード(1/1〜1/64と-2/3EV、1/3EVステップ)に加え、1/128〜1/1024の微小発光を1/6EVステップごとに微細に制御できる新機能「ファインマクロ(微小発光)モード」を搭載しました。

 

◾️発光リング左右光量比制御
発光リングは左右A/Bに分割されており、TTLでは1/2EVごとに15通りの発光比を選ぶことができ、マニュアルでは左右別々に調節することも、左右の光量比を維持したまま同時にシフトすることもできます。

 

◾️レンズ口径に合わせて開閉する発光部(49mm〜77mmのレンズに対応)
ワンタッチで発光リングのサイズを大きくしたり、小さくしたりできる新しい機構「サイズ可変式発光リング」を採用。
マクロレンズの口径が大きい場合には発光部を開き、ケラレを軽減することができます。

 

◾️被写体のピント合わせに便利なモデリングLEDランプ
明るいモデリングランプにより、ピント合わせが簡単に行えます。また、発光リングの光量比に従って、左右の照射量も変化しますので照明効果を事前にチェックするのに役立ちます。

 

■ワイヤレスTTLマスター機能
MF18はワイヤレスTTLマスター機能を備えており、本体発光リングとは別に、ワイヤレスTTLリモート機能付きストロボをグループA、C*で制御できます。
チャンネル設定は1~4。モードはTTL(調光補正-3.0~+3.0、1/2EVステップ)またはマニュアル(1/128~1/1、1/3EVステップ)が選べます。

*本機のワイヤレスTTLモードのCグループで設定した値は、グループAとCにセットしたリモートストロボに適用されます。(AとCを別々に制御することは出来ません。)

 

【各部名称】

【MF18 主な仕様】

  • 対応カメラ:
    【キヤノン用】キヤノン製EOSデジタル一眼レフカメラ
    【ニコン用】ニコン製デジタル一眼レフカメラ
  • ガイドナンバー(GN):16 ※ISO100相当
  • 照射角:80°x80°
  • 電源:単3形電池4本使用(電池別売)
  • 電池収納方式:クイックローディングシステム
  • 発光間隔:約0.1~5.5秒(ニッケル水素電池、アルカリ乾電池)
  • 発光回数:約120~800回(アルカリ乾電池の場合)※使用モードにより異なります。
  • モード:
    フルオート・・・E-TTL/E-TTL II (キヤノン用)、i-TTL/i-TTL-BL(ニコン用)
    TTL・・・E-TTL/E-TTL II (キヤノン用)、i-TTL/i-TTL-BL(ニコン用)
    ファインマクロ・・・1/128~1/1024、1/6EVステップ
    マニュアル・・・FULL~1/64と-2/3EV、1/3EVステップ
  • 後幕シンクロ:対応
  • ハイスピードシンクロ:対応(TTLモード時のみ)
  • ストロボ調光補正機能:-3.0~+3.0、1/3EVステップ
  • マイTTL設定:-3.0~+3.0、1/3EVステップ
  • モデリングLED:4灯
  • 色温度:約5,600K
  • 閃光時間:1/700(発光リング左右両方ともフル発光)
    1/300(発光リング片側のみフル発光)、1/700~1/30,000秒(左右両方)
  • ワイヤレス発光方式:
    ワイヤレスTTLマスター機能・・・チャンネル数:4、グループ制御:AとC*1、モード:TTL/マニュアル
    <リモートストロボとして制御可能な機種>キヤノン用… キヤノン600EX-RT(光通信のみ), 580EXII, 580EX, 550EX, 430EXII, 430EX, 420(TTLのみ), ニッシンデジタルMG8000, Di866 MARK II, Di866, Di700, Di600, Di622 MARK II(Ch.1, Gr.Aのみ)
    ニコン用… ニコンSB-910, SB-900, SB-800, SB-700, SB-600, SB-R200, ニッシンデジタルMG8000, Di866 MARK II, Di866, Di700, Di600, Di622 MARK II(Ch.1, Gr.Aのみ)
    *1 本機のワイヤレスTTLモードのCグループで設定した値は、グループAとCにセットしたリモートストロボに適用されます。(AとCを別々に制御することは出来ません。)
  • 節電機能:
    オートパワーOFF・・・30分後(OFF/10分/15分/30分/45分/60分)
    スタンバイモード・・・30秒後
  • 背面操作部:カラーLCD表示(表示自動回転機能付き)
  • ファームウェアアップデート端子:あり(専用端子・USB miniB端子)
  • シンクロ端子:あり
  • 外部電源端子:ニッシン製または純正外部電源に対応
  • 付属品:ソフトケース、アダプターリング(52/58/62/67/72/77mm)
  • 寸法(幅x高さx奥行):メインボディ 約65x115x85mm
    発光リング 約134x120x41mm
  • 質量:446g(電池除く)

※製品の仕様は、改良などにより予告なく変更することがあります。

【キヤノン用・ニコン用(共通)】
MF18_Canon_Nikon_Manual.pdf(PDF:5.3 MB)

【ニッシンジャパン製品取扱説明書ダウンロードサービス利用上のご注意】

  • 取扱説明書等の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。そのため、本サービスにおいて提供される取扱説明書の内容は、お客様がご購入になられた製品や現時点で販売されている製品に同梱の取扱説明書等の内容と異なる場合があります。
  • ニッシンジャパン株式会社の許可なくダウンロードした取扱説明書の内容の一部、または全部を複製、改変したり、送信したりすることはできません。
  • 本ウェブサイトでは、当社が発売した全ての機種の取扱説明書は公開しておりません。また、生産中止などにより過去の製品に関する取扱説明書をご提供できない場合があります。
  • 本ウェブサイトに取扱説明書が公開されていても、対象機種が生産中止などの理由でご購入できない場合があります。
■最新のファームウェアバージョンは以下のとおりです。

  • キヤノン用 6-1
  • ニコン用 10-5

ファームウェアの変更履歴はこちら

■バージョンの確認方法

■ファームアップの方法

弊社で作業を行います。
【ファームアップ依頼フォーム】にご入力の上、製品を弊社へお送りいただくか、弊社ショールームへ直接お持ち込みお願いします。

送付先・ショールーム所在地:
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北1-17-5 上野ビル2F
ニッシンジャパン ファームアップ係

◾️料金

ファームアップは無料です。送料はお客様ご負担でお願いします。

なお、購入証明書*のコピーを添付していただけますと、返却時の送料を弊社で負担いたします。
中古品、海外での購入品、並行輸入品などの場合は返却時送料サービスは適用されませんが、ファームアップは無料でお受けいたします。
*購入店や購入日のわかる領収証や納品書、メール画面コピー等。

◾️所要日数

送付の場合:1〜2営業日
ご来社の場合:約10分程度(混雑状況による)

◾️ファームアップご依頼時のご注意

お送りいただきましたファームアップ依頼品の到着(受付)・進捗状況・返却予定日などに関しては特別な理由がない限り弊社より個別に連絡はしておりません。
進捗状況のご確認はお問い合わせフォームよりお願いします。

ファームアップ作業のみ承ります。
修理や動作確認(有料)をご希望の場合はサービス対応(修理等)依頼フォームより、お申し込みをお願いします。

 

取扱店舗一覧
弊社商品をお求めのお客様は「購入方法」よりご確認ください。