ニッシンデジタル -ストロボ・スピードライト・フラッシュ

Air10s FAQ

【i40・i60A・Air10s・Air1・Di700A】カメラへの取り付け・取り外しがうまくいきません。
本製品は、シューの固定にワンプッシュボタン方式を採用しています。(Di700Aはソニー用・フォーサーズ用・富士フイルム用が該当します) 装着時および取り外し時は、必ずロック解除ボタンを押しながら行ってください。 【取り付け方法】装着時は、本体下部の「PUSH」と書いてあるロック解除ボタンを押しながら、カメラのシューへま...
【ストロボ・コマンダー全機種】ハイスピードシンクロ(FP発光・HSS)は対応していますか?
はい、弊社現行機種はすべてハイスピードシンクロ(FP発光・HSS)に対応しております。 設定・切替方法は各機種によって異なりますので、お使いの機種の説明書をご参照ください。 なお、AirRを併用してNASシステムでハイスピードシンクロをお使いになる場合、AirRに装着するストロボもハイスピードシンクロ対応機種である必要...
【MG10】MG10でワイヤレスリモートシャッターを使用するには
1.ペアリング済みのAir10sをカメラのホットシューに取り付けます。 2.Air10sとカメラをAir10s付属のリモートケーブルで繋ぎます。 3.Air10s, MG10がOPENモードになっていたら解除します。※ 4.MG10のチャンネルダイヤルを「A」もしくはAir10sで設定したものと同じチャンネルに合わせま...
【ストロボ・コマンダー全機種】発光しない・発光しても暗く(明るく)写るのですが故障ですか?
この場合、以下の原因が考えられます。 また、Air 1, Air10sをご利用の場合は、それぞれの機種別FAQもご参照ください。 ホットシューの接触不良による、カメラ←→ストロボ間の通信不具合 カメラのホットシュー及びストロボの取り付け足の金属部分を無水エタノールや水で薄めた家庭用中性洗剤で清掃してください。 プログラ...
NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

ストロボやコマンダーの対応マウントを問わず、全ての組み合わせで自由にペアリングして全機能が使用できる、ニッシン独自の電波式ワイヤレスシステム「NAS」。 おかげさまで、初代NAS対応製品「Di700A」「Air1」からスタートし、TTL発光対応・発光量とズーム照射角がリモート操作できるなど数多くのメリットから、幅広いユ...
【Air10s・MG10】Air10sで照射角をオートズームに設定しているのに、MG10の照射角がレンズの画角の変化に連動しません。
Air10sでオートズームを設定している場合、発光ヘッドを正面(MG10のシャッターボタン側)以外の向き(下に7度下げた時も含みます)にすると、照射角は50mmに固定されます。レンズの焦点距離には連動いたしません。 また、ストロボヘッドの下部(シリアルラベル近傍)の直径1mm程度の穴と、ヘッドが正面向きの時にその穴に対...
【Air10s・MG10】MG10の制御にAir10sの代わりにAir1を使用することはできますか?
はい、可能です。 但し、機能上多くの制限があります。 使用できるグループはA~Cの基本グループのみ、モデリングライト・オートズーム・オープンモード・TTLメモリー・リモートシャッターの各機能は使用不可、調光ステップはTTLモード時は1/2EVステップ、マニュアル調光時は1EVステップとなります。(Air10sは何れも1...
【Air10s・AirR】AirRに載せたストロボをAir10sを取り付けたカメラから発光させることが出来ません
AirRのファームウエアがAir10sの最新ファームウエア(MG10対応版)に対応していないため、AirRのファームウエアをアップデートする必要がありますが、2018/9/11現在更新用のファームウエアが完成しておりません。 このため、暫定的にAir10sのファームウエアのバージョンをダウングレードしていただければAi...
【Air10s・Air1・AirR】電池蓋が取れたとき

【Air10s・Air1・AirR】電池蓋が取れたとき

時折お問い合わせいただくのが「Airの電池蓋が取れちゃった!故障した!修理いくらですか?」というもの。 これ実は、フタだけ取り外しすることが可能なのです。したがってフタが取れてしまっただけでしたら、丁寧にはめ込めば元通りになるのです。 「あー!フタがとれたー!」と慌てずに。 部品が割れていなければ、はめ込むだけで戻りま...