ニッシンデジタル -ストロボ・スピードライト・フラッシュ

Air10s FAQ

NASシステムの「チャンネル」と変更の方法
new

NASシステムの「チャンネル」と変更の方法

ニッシン独自のワイヤレスストロボ制御システム「NAS」は、ペアリングした機器同士でのみ通信できるようになり、お互いの通信チャンネル切替などを気にすることなく使えるのが大きな特徴です。 しかし、NAS機器を使ったことのある方なら「あれ?チャンネル設定の部分があるでしょ?」とお思いかもしれません。 実は、2.4GHz帯には...
【ストロボ・コマンダー全機種】緑ランプが点灯しても発光しない
①本機がカメラホットシューの奥まで入っていないかもしれません。 しっかりと奥まで差し込んでください。 特にフォーサーズ用をオリンパス、ルミックスのカメラホットシューに差し込むときはご注意ください。 ②パイロットランプを押しても発光しないときは修理をご依頼下さい。 ③ホットシューの清掃を行ってください。
【Air10s・Air1・i60A・i40・i400・Di700A】カメラへの取り付け・取り外しがうまくいきません。
本製品は、シューの固定にワンプッシュボタン方式を採用しています。(Di700Aはソニー用・フォーサーズ用・富士フイルム用が該当します) 装着時および取り外し時は、必ずロック解除ボタンを押しながら行ってください。 【取り付け方法】装着時は、本体下部の「PUSH」と書いてあるロック解除ボタンを押しながら、カメラのシューへま...
【ストロボ・コマンダー全機種】ハイスピードシンクロ(FP発光・HSS)は対応していますか?
はい、弊社現行機種はすべてハイスピードシンクロ(FP発光・HSS)に対応しております。 設定・切替方法は各機種によって異なりますので、お使いの機種の説明書をご参照ください。 なお、AirRを併用してNASシステムでハイスピードシンクロをお使いになる場合、AirRに装着するストロボもハイスピードシンクロ対応機種である必要...
【ストロボ・コマンダー全機種】発光しない・発光しても暗く(明るく)写るのですが故障ですか?
この場合、以下の原因が考えられます。 また、Air 1, Air10sをご利用の場合は、それぞれの機種別FAQもご参照ください。 ホットシューの接触不良による、カメラ←→ストロボ間の通信不具合 カメラのホットシュー及びストロボの取り付け足の金属部分を無水エタノールや水で薄めた家庭用中性洗剤で清掃してください。 プログラ...
NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

ストロボやコマンダーの対応マウントを問わず、全ての組み合わせで自由にペアリングして全機能が使用できる、ニッシン独自の電波式ワイヤレスシステム「NAS」。 おかげさまで、初代NAS対応製品「Di700A」「Air1」からスタートし、TTL発光対応・発光量とズーム照射角がリモート操作できるなど数多くのメリットから、幅広いユ...
【Air10s・MG10・MG8】Air10sで照射角をオートズームに設定しているのに、MG10/MG8の照射角がレンズの画角の変化に連動しません。
Air10sでオートズームを設定している場合、発光ヘッドを正面(MG10/MG8のシャッターボタン側)以外の向き(下に7度下げた時も含みます)にすると、照射角は50mmに固定されます。レンズの焦点距離には連動いたしません。 また、ストロボヘッドの下部(シリアルラベル近傍)の直径1mm程度の穴と、ヘッドが正面向きの時にそ...
【Air10s・MG10・MG8】MG10の制御にAir10sの代わりにAir1を使用することはできますか?
はい、可能です。 但し、機能上多くの制限があります。 使用できるグループはA~Cの基本グループのみ、モデリングライト・オートズーム・オープンモード・TTLメモリー・リモートシャッターの各機能は使用不可、調光ステップはTTLモード時は1/2EVステップ、マニュアル調光時は1EVステップとなります。(Air10sは何れも1...