ストロボ・スピードライト・フラッシュならニッシンデジタル

Air R

電波式ワイヤレスTTLレシーバー(NAS対応)

Air R 製品情報

情報メニュー

  • 概 要
  • 仕 様
  • 取扱説明書
  • ファームウェア・アップデート
製品名: レシーバー AirR
タイプ: キヤノン用/ニコン用/ソニー用
対応カメラ: 対応リストをご確認ください
価格: オープン(購入方法・取扱店


■電波式非対応のストロボ*を電波式コマンダーAir1でコントロール可能に
ニッシン独自の電波式ワイヤレス通信システム「NAS(Nissin Air System)」対応のレシーバー(受信機)。
ニッシンDi866 MARK2やi40など光学式ワイヤレスのみに対応している製品でも、「Air R」に装着することで電波式コマンダーAir1またはAir10s(別売)から一括コントロールできます*。
もちろんDi700Aやi60Aとの混在使用もOK。
さらに、各メーカー純正のストロボもサポートしていますので、お手持ちの純正ストロボ*をNASシステムに組み込んで使用することもできます。
*Air Rが対応する機種に限ります。動作確認済み機種は対応表に掲載しております。

◾️TTL、マニュアル、ズーム調整、HSS(FP発光)、後幕シンクロなどに対応*
NASによる電波式ワイヤレス通信システムは、明るい屋外や障害物の多い環境でも確実な通信・シンプルな操作で、誰でも簡単確実にストロボ撮影ができます。
AirRに装着したストロボは、グループA、B、Cにセットでき、TTLオート・マニュアル・ズーム照射角調整、ハイスピードシンクロ(FP発光)*や後幕シンクロ*などの機能がカメラと連動します。
*カメラ側仕様でご使用いただけない場合があります

Air10sでコントロールする場合、光量設定はTTL調光では1/2EVステップ、マニュアル調光では1EVステップでの光量調整となります。(2018年7月現在)


Air Rをご使用の際は【カメラ、コマンダー(Air1/Air10s)、Air R、Air Rに載せるストロボ】のそれぞれのマウントが全て一致していることがすべての機能の動作の条件です。
例)カメラ/コマンダーはキヤノン用、Air R/ストロボがニコン用の場合 ⇒ 動作しません
カメラ/コマンダー/Air R/ストロボの全てがキヤノン用 ⇒動作します*1 コマンダーによる光量や照射角の変更などの制御
*2 一部シンクロもできない場合もあります。マウント混在でご使用の場合、動作の確認・動作保証はしておりません。

◾️シンプルかつ利便性を考慮したデザイン
単4電池2本で動作するコンパクトなボディには、直感的に操作できる操作ダイヤルを2つ装備。左側にチャンネル設定ダイヤル・右側にグループ切替ダイヤルと視認性も抜群です。

■三脚ネジ穴付き取付足と自立式内蔵スタンド
様々な条件で使用されることを考慮し、底面にはアクセサリーシューと三脚固定用ネジ穴(UNC1/4-20・細ネジ)を装備。さらに自立できるミニスタンドも内蔵しています。

■シンクロソケット
側面にはシンクロソケットも装備していますので、スタジオ用大型ストロボ等をシンクロさせることも可能*です。
*Air1がマニュアルモードの時のみ使用可能です。

【各部名称】

【Air R 主な仕様】

  • 対応ストロボ:
    【キヤノン用】ニッシンストロボ キヤノン用、E-TTL対応キヤノン製EXシリーズ ストロボ*
    【ニコン用】ニッシンストロボ ニコン用、i-TTL対応ニコン製ストロボ*
    【ソニー用】ニッシンストロボ ソニー用、ADI/P-TTL対応ソニー製ストロボ*
    *動作確認済みストロボは対応表をご覧ください。
  • ワイヤレス方式:NAS(Nissin Air System)準拠の電波式(2.4GHz帯)
  • 通信:事前にペアリング設定を行ったNAS対応機器とのみ通信
  • チャンネル:8チャンネル(混信軽減のため手動で設定変更可能)
  • 発光グループ:A/B/C 3グループ(グループ別制御、グループ一括制御、グループ別発光停止が可能)
  • 電源:単4型2本(別売)
  • ガイドナンバー変更モード  Low GNモード(緑)、High GNモード(赤)
  • 動作モード: TTL、マニュアル、ズーム(コマンダーからの操作)
  • TTL調光補正  -2.0~+2.0、1/2EV ステップ
  • マニュアル光量設定  1/128~1/1(8段)、1EVステップ
  • ズーム  手動ズーム設定(24/35/50/70/85/105/135/200 mm)
  • 発光間隔  最速10回/秒
  • 発光回数  約5,000回
  • 使用可能範囲  約30m(使用環境によって異なります。)
  • 後幕シンクロ  対応 (ソニーはカメラ側仕様により非対応・カメラ側で設定)
  • ハイスピードシンクロ/FP発光  ストロボが対応していれば1/8,000まで可能
  • スローシンクロモード(ニコン・ソニー)  対応 (カメラ側で設定)
  • 赤目軽減モード(ニコン・ソニー)  対応 (カメラ側で設定)
  • 赤目軽減+スローシンクロモード(ニコン)  対応 (カメラ側で設定)
  • 設置取付方法  内蔵スタンド、三脚ネジ穴付き取付足
  • 外部端子  シンクロソケット
  • ファームウェアアップデート端子  あり(専用端子)
  • 寸法(幅x高さx奥行)  約57x40x66mm
  • 重さ  64g(電池除く)

※製品の仕様は、改良などにより予告なく変更することがあります。

【キヤノン用・ニコン用・ソニー用(共通)】
AirR_Ca,Ni,So_16.10_A4.pdf(PDF:2.3MB)

【ニッシンジャパン製品取扱説明書ダウンロードサービス利用上のご注意】

  • 取扱説明書等の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。そのため、本サービスにおいて提供される取扱説明書の内容は、お客様がご購入になられた製品や現時点で販売されている製品に同梱の取扱説明書等の内容と異なる場合があります。
  • ニッシンジャパン株式会社の許可なくダウンロードした取扱説明書の内容の一部、または全部を複製、改変したり、送信したりすることはできません。
  • 本ウェブサイトでは、当社が発売した全ての機種の取扱説明書は公開しておりません。また、生産中止などにより過去の製品に関する取扱説明書をご提供できない場合があります。
  • 本ウェブサイトに取扱説明書が公開されていても、対象機種が生産中止などの理由でご購入できない場合があります。
■最新のファームウェアバージョンは以下のとおりです。

  • キヤノン用 3
  • ニコン用 3
  • ソニー用 1

ファームウェアの変更履歴はこちら

■バージョンの確認方法
1.Air Rの電源を切ります。
2.グループダイヤルをCグループに、チャンネルダイヤルを8に設定します。
3.電源ボタンを長押しし続けると、AirRのフロントLEDがオレンジ色に点滅します。点滅の回数がバージョンを示す数となります。手を話すとバージョン表示は消え、電源が入った状態になります。

◾️ファームアップの方法

弊社で作業を行います。
【ファームアップ依頼フォーム】にご入力の上、製品を弊社へお送りいただくか、弊社ショールームへ直接お持ち込みお願いします。

送付先・ショールーム所在地:
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北1-17-5 上野ビル2F
ニッシンジャパン ファームアップ係

◾️料金

ファームアップは無料です。送料はお客様ご負担でお願いします。

なお、購入証明書*のコピーを添付していただけますと、返却時の送料を弊社で負担いたします。
中古品、海外での購入品、並行輸入品などの場合は返却時送料サービスは適用されませんが、ファームアップは無料でお受けいたします。
*購入店や購入日のわかる領収証や納品書、メール画面コピー等。

◾️所要日数

送付の場合:1〜2営業日
ご来社の場合:約10分程度(混雑状況による)

◾️ファームアップご依頼時のご注意

お送りいただきましたファームアップ依頼品の到着(受付)・進捗状況・返却予定日などに関しては特別な理由がない限り弊社より個別に連絡はしておりません。
進捗状況のご確認はお問い合わせフォームよりお願いします。

ファームアップ作業のみ承ります。
修理や動作確認(有料)をご希望の場合はサービス対応(修理等)依頼フォームより、お申し込みをお願いします。

 

取扱店舗一覧
弊社商品をお求めのお客様は「購入方法」よりご確認ください。