ニッシンデジタル -ストロボ・スピードライト・フラッシュ

ライティング・バイブル

「ハコスタジアム ライティング・バイブル」第5回 クリスマス編

「ハコスタジアム ライティング・バイブル」第5回 クリスマス編

   ハコスタジアム ライティング・バイブル

第5回:クリスマス編

ニッシンジャパンはコスプレアミューズメントスペース
「HACOSTADIUM OSAKA」「HACOSTADIUM cosset 大阪日本橋店」「HACOSTADIUM cosset 池袋本店」さんにお邪魔しました!

様々なシチュエーションで撮影ができるハコスタジアムさんにて、ニッシンストロボを使った撮影を実施!
撮影した写真と、その写真の撮影方法をシリーズで紹介していきたいと思います。

第5回は「HACOSTADIUM cosset 池袋本店」さんのクリスマス限定ブースで撮影した写真をご紹介します。


▼今回の写真はこちら!▼ 

モデル:めたさん 撮影:えはらあい
(画像クリックで大きく表示されます)

今回は大まかにわけて2パターンのライティングで撮影しました。
初めのライティングはクリスマスの飾り付けがされたお部屋ということで、暖かい部屋でくつろいでるイメージです。
2番目のライティングはモデルさんの衣装がゴシック系のドレスでしたので、少し影のあるようなドラマティックな雰囲気のライティングにしてみました。

それでは、ライティングを見ていきましょう。

撮影方法(1)

まず初めのライティングです。
暖かみのある色合いで、(実際のセットにはないのですが)暖炉がついてる部屋をイメージしてライティングを組みました。
比較のために、ストロボなしで撮影した写真を見てみましょう。

(室内光のみで撮影)

フラットな光でこれはこれで綺麗ですが、立体感があまりなく少し平坦な気もします。
天井からの光なので、目にキャッチライトが入っていません。それと、本のページが白飛び気味ですね。

一番大きな違いはやはり色合いでしょうか。この写真を色調整で上の写真のような暖かみのある色合いにすることも可能ですが、どうしても色被り感の強い写真になってしまいます。

(室内光のみで撮影/RAW現像で色調整)

全体的に色が乗ってしまい、メリハリがなくなってしまいました。やはり撮影後の色調整では厳しいようです。
それでは、撮影方法を解説します。

[ライティングデータ]
(1)Di700 ソフトボックス カラーフィルター 光量1/4
(2)Di700 Rogueソフトボックス XL カラーフィルター 光量1/8

メイン光はモデルさん正面側からソフトボックス、アクセント光はモデルさん後ろ側からRogueソフトボックス XLを使用しています。
どちらにもROGUE ユニバーサルフィルターキットのアンバーの色合いのものを入れてます。そのため、暖かみのある色になっているんです。

Rogueソフトボックス XL

(2)のライトです。
Rogueソフトボックス XLを付けたDi700を付属のスタンドで自立させ、椅子に乗せています。
髪の毛の外側に光が入り、アクセントになっています。人物が背景に溶け込まず画にメリハリが出ています。

 

撮影方法(2)

こちらは先ほどとは代わり、スポットライト的な光で影のある雰囲気です。
どのようにライティングしているのか、見てみましょう。

ストロボ3灯でのライティングです。

[ライティングデータ]
(1)Di700 Rogueグリッド 25° カラーフィルター 光量 1/4
(2)i40 直射 カラーフィルター 光量 1/16
(3)Di700 直射 カラーフィルター 光量 1/16

メイン光は第一回ハロウィン編でも登場したグリッドです。
グリッドを使うとスポットライトのような光を演出することができます。
角度は25°、分厚い方のハニカムグリッド1枚を入れています。

(2)と(3)の姿が見えませんが…こんな場所に仕込んでいます。

こちらは(2)のライトです。
小道具のプレゼントボックスを積み上げた中に隠しています。
ボディが小さいi40でしかできない裏技!
グリッドのスポットライトだと光が当たらず暗くなってしまったクリスマスツリーを、こちらのライトを使って照らしています。
せっかくのクリスマスセットですから、やっぱりクリスマスツリーが見えないと!
i40で照らしたことにより、オーナメントがキラキラ光ってより印象的になったかと思います。

こちらは(3)のライトです。
クリップを使って椅子にくっつけています。
先ほどと同じように、影になる側の髪や体にアクセントになるように光を入れています。

今回はクリップを使用していますが、付属の足で自立させても良いかと思います。
クリップ等使用する場合、小道具やセットに傷がつかないよう気をつけましょう!

ちなみに、グリッドを使用したライティングの写真2枚ですが、1枚目は(3)は使わず、2枚目では(3)を使って撮影しています。
よろしければ効果の違いを確認してみてください。

【HACOSTADIUMからのお願い】
※レフ板やソフトボックス、
アンブレラなどのサイズは広げた状態で125cmまでとさせて頂いております。
※撮影スペースには高さの低い照明やシャンデリアなどの装飾がありますので、照明機材の高さには十分ご注意下さい。

 


今回撮影させていただいたのは、HACOSTADIUM cosset 池袋本店さんのクリスマス限定ブースでした。
コセット池袋本店さんのクリスマスブースは、12月28日までだそうです!
今回撮影したブース以外の限定ブースもとっても可愛いので、是非是非遊びに行ってください♪

(2014/12/18 撮影・文章:えはらあい)

 

 

撮影データ

[カメラ設定]
ISO 320
絞り F 4.5
シャッタースピード 1/160

[ライティングデータ]
撮影方法(1)
(1)Di700 ソフトボックス カラーフィルター 光量1/4
(2)Di700 Rogueソフトボックス XL カラーフィルター 光量1/8

撮影方法(2)
(1)Di700 Rogueグリッド 25° カラーフィルター 光量 1/4
(2)i40 直射 カラーフィルター 光量 1/16
(3)Di700 直射 カラーフィルター 光量 1/16

 

 

[撮影機材一覧]

 

Di700A
直販・特定販売店限定モデル
ガイドナンバー54(200mm)、28(35mm) *ISO100
新たに電波式ワイヤレスTTLシステム(NAS)を搭載、簡単で素早い操作性。デジタル一眼レフカメラ用TTLストロボ。キヤノン用/ニコン用/ソニー用/富士フイルム用/フォーサーズ用。
Air1
※販売終了モデル

NAS(ニッシンエアシステム)準拠。電波式ワイヤレス通信システム専用コマンダー。キヤノン用/ニコン用/ソニー用/富士フイルム用/フォーサーズ用。
i40
直販・特定販売店限定モデル
ガイドナンバー40(105mm)、27(35mm) *ISO100
小型ながらクラス最大光量を実現。「3ワイヤレスモード」デジタルスレーブ、アナログスレーブ、ワイヤレスTTLシステム搭載、デジタル一眼レフカメラ用TTLストロボ。キヤノン用/ニコン用/ソニー用/富士フイルム用/フォーサーズ用。
ROGUE グリッド
<社外品おすすめ>

 

撮影・制作
ニッシンデジタル

撮影協力

HACOSTADIUM OSAKA
HACOSTADIUM cosset 大阪日本橋店
HACOSTADIUM cosset 池袋本店