ニッシンデジタル -ストロボ・スピードライト・フラッシュ

機種別FAQ

【i60A】ペアリングは完了しましたが、ストロボが発光しません。
本機をコマンダーAir10sまたはAir1とペアリングする際、本機左側の発光モードダイヤルはいずれの位置でもペアリングすることができますが、ワイヤレスで発光させるためには発光モードダイヤルを「ワイヤレスTTL」の位置にする必要があります。ワイヤレスTTL位置に設定しない限り、本機をコマンダーから操作することはできません...
【i40・i60A・Di700A】SD・SFモード(スレーブモード)とは何ですか?
本機には、ワイヤレスTTLシステム(*1)の他に、SD・SFの2つのスレーブモードを搭載しております。 スレーブモードとは「ワイヤレスでストロボが発光する」という点ではワイヤレスTTLと同じなのですが、親機(送信機・コマンダー)との複雑な通信をすることでリモート光量制御をするのではなく、単純に「周囲にある他のストロボが...
【Di700A】カメラへの固定がうまくいきません。
本製品のうち、キヤノン用・ニコン用はネジ式ロック機構を採用しています。 この機構は、ネジを回すことでシュー部分のロックピンが降り、シューからの抜け止めとなる構造になっています。合わせてネジを締めることでシューとの隙間をなくし、ガタつきをなくす意味もあります。 シュー上部にあるネジを回転させると、赤矢印部分にあるロックピ...
【i40・i60A・Air10s・Air1・Di700A】カメラへの取り付け・取り外しがうまくいきません。
本製品は、シューの固定にワンプッシュボタン方式を採用しています。(Di700Aはソニー用・フォーサーズ用・富士フイルム用が該当します) 装着時および取り外し時は、必ずロック解除ボタンを押しながら行ってください。 【取り付け方法】装着時は、本体下部の「PUSH」と書いてあるロック解除ボタンを押しながら、カメラのシューへま...
【Air1】特定のグループの表示が消えてしまい発光しません
Air1には、A/B/C各グループ単位で一時的に発光しないようにするための「発光禁止モード」があります。操作には電源ボタンを使用するため、電源を切ろうとして誤って発光禁止に設定してしまっている可能性がありますので、下記を参考にご確認ください。 【発光禁止設定・解除する方法】 Air1のダイヤル中央のSボタンで、発光を止...
【ストロボ・コマンダー全機種】ハイスピードシンクロ(FP発光・HSS)は対応していますか?
はい、弊社現行機種はすべてハイスピードシンクロ(FP発光・HSS)に対応しております。 設定・切替方法は各機種によって異なりますので、お使いの機種の説明書をご参照ください。 なお、AirRを併用してNASシステムでハイスピードシンクロをお使いになる場合、AirRに装着するストロボもハイスピードシンクロ対応機種である必要...
【i60A・Di700A】外部電源端子はどのような形状でしょうか?
弊社製品の外部電源端子は、基本的に各社純正と互換の形状を採用しております。キヤノン用はキヤノン純正ストロボと、ニコン用はニコン純正ストロボと、ソニー用はソニー純正ストロボと同じ形状です。 また、カメラメーカー純正の単3電池を使用するタイプのストロボ用外部電源を、ニッシンストロボに使用することも可能です。 なお、弊社製品...
【i40・i60A・Di700A】連続発光はどのくらいできますか?
本製品は耐熱仕様ではないため、一般的なクリップオンストロボ同様、フル発光20コマに対して15~20分程度のインターバルを開けて撮影を行ってください。 連続して使用し続けた場合オーバーヒートリミッターがかかり、パイロットランプ赤点滅・ブザー鳴動状態となり一切発光しなくなります。この場合は電源を切り、十分に冷えるまでお待ち...
【MG10】リモートシャッターモード時の光量調整は、どの発光グループで行いますか?
本製品でリモートシャッターモード(発光グループ切替ダイヤルが赤丸印)に設定した際の光量制御は、「アドバンスグループのA」に固定されています。 発光モードおよび光量調整を行う際は、Air10sにて、アドバンスグループのAの項目で調整を行ってください。 本機のみで発光量の調整はできませんまた、オープンモードとの同時使用はで...