ニッシンデジタル -ストロボ・スピードライト・フラッシュ

i60A FAQ

【i60A】ペアリングは完了しましたが、ストロボが発光しません。
本機をコマンダーAir10sまたはAir1とペアリングする際、本機左側の発光モードダイヤルはいずれの位置でもペアリングすることができますが、ワイヤレスで発光させるためには発光モードダイヤルを「ワイヤレスTTL」の位置にする必要があります。ワイヤレスTTL位置に設定しない限り、本機をコマンダーから操作することはできません...
【i40・i60A・Di700A】SD・SFモード(スレーブモード)とは何ですか?
本機には、ワイヤレスTTLシステム(*1)の他に、SD・SFの2つのスレーブモードを搭載しております。 スレーブモードとは「ワイヤレスでストロボが発光する」という点ではワイヤレスTTLと同じなのですが、親機(送信機・コマンダー)との複雑な通信をすることでリモート光量制御をするのではなく、単純に「周囲にある他のストロボが...
【i40・i60A・Air10s・Air1・Di700A】カメラへの取り付け・取り外しがうまくいきません。
本製品は、シューの固定にワンプッシュボタン方式を採用しています。(Di700Aはソニー用・フォーサーズ用・富士フイルム用が該当します) 装着時および取り外し時は、必ずロック解除ボタンを押しながら行ってください。 【取り付け方法】装着時は、本体下部の「PUSH」と書いてあるロック解除ボタンを押しながら、カメラのシューへま...
【ストロボ・コマンダー全機種】ハイスピードシンクロ(FP発光・HSS)は対応していますか?
はい、弊社現行機種はすべてハイスピードシンクロ(FP発光・HSS)に対応しております。 設定・切替方法は各機種によって異なりますので、お使いの機種の説明書をご参照ください。 なお、AirRを併用してNASシステムでハイスピードシンクロをお使いになる場合、AirRに装着するストロボもハイスピードシンクロ対応機種である必要...
【i60A・Di700A】外部電源端子はどのような形状でしょうか?
弊社製品の外部電源端子は、基本的に各社純正と互換の形状を採用しております。キヤノン用はキヤノン純正ストロボと、ニコン用はニコン純正ストロボと、ソニー用はソニー純正ストロボと同じ形状です。 また、カメラメーカー純正の単3電池を使用するタイプのストロボ用外部電源を、ニッシンストロボに使用することも可能です。 なお、弊社製品...
【i40・i60A・Di700A】連続発光はどのくらいできますか?
本製品は耐熱仕様ではないため、一般的なクリップオンストロボ同様、フル発光20コマに対して15~20分程度のインターバルを開けて撮影を行ってください。 連続して使用し続けた場合オーバーヒートリミッターがかかり、パイロットランプ赤点滅・ブザー鳴動状態となり一切発光しなくなります。この場合は電源を切り、十分に冷えるまでお待ち...
【ストロボ・コマンダー全機種】発光しない・発光しても暗く(明るく)写るのですが故障ですか?
この場合、以下の原因が考えられます。 また、Air 1, Air10sをご利用の場合は、それぞれの機種別FAQもご参照ください。 ホットシューの接触不良による、カメラ←→ストロボ間の通信不具合 カメラのホットシュー及びストロボの取り付け足の金属部分を無水エタノールや水で薄めた家庭用中性洗剤で清掃してください。 プログラ...
NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

ストロボやコマンダーの対応マウントを問わず、全ての組み合わせで自由にペアリングして全機能が使用できる、ニッシン独自の電波式ワイヤレスシステム「NAS」。 おかげさまで、初代NAS対応製品「Di700A」「Air1」からスタートし、TTL発光対応・発光量とズーム照射角がリモート操作できるなど数多くのメリットから、幅広いユ...
【i60A】ハイスピードシンクロ(FP発光/HSSモード)でマニュアル発光をさせると、1/32以下の光量に設定ができません。故障でしょうか?

【i60A】ハイスピードシンクロ(FP発光/HSSモード)でマニュアル発光をさせると、1/32以下の光量に設定ができません。故障でしょうか?

ハイスピードシンクロ設定時は、ストロボの発光量制御の関係上、光量を1/32以下にすることができません。1/32未満の発光量に設定された場合は、撮影時は1/32光量で発光し、表示も1/32へと変化します。 これは本機の仕様によるものですので正常な動作です。 Q4-01