ニッシンデジタル - ストロボ・フラッシュ

機種別FAQ

【MF18】購入前相談:手持ちのレンズに取り付けられますか?

  • 個々のレンズにより先端の形状が異なるため、MF18に付属しているアダプターリングを介してレンズの先端にMF18の発光部ユニットを取り付けます。
  • MF18ニコン用およびキヤノン用は 52 / 58 / 62 / 67 / 72 / 77mm、ソニー用は 49 / 55 / 62 / 67 / 72 / 77mm のアダプターリングが付属しておりますので、手持ちのレンズの対応フィルター径に合ったアダプターリングをレンズ先端のフィルター取り付け部にねじ込んでください。
    MF18用アダプターリング
  • 主な接写用レンズと対応フィルター径
レンズ
メーカー
レンズ名 レンズマウント 最大倍率 フィルター径
ニコン AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンF(DX) 1倍 52mm
ニコン AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR ニコンF(DX) 1倍 52mm
ニコン AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED ニコンF(FX) 1倍 62mm
ニコン AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED ニコンF(FX) 1倍 62mm
キヤノン RF35mm F1.8 MACRO IS STM キヤノンRF 0.5倍 52mm
キヤノン RF85mm F2 MACRO IS STM キヤノンRF 0.5倍 67mm
キヤノン EF100mm F2.8Lマクロ IS USM キヤノンEF 1倍 67mm
キヤノン EF180mm F3.5L マクロ USM キヤノンEF 1倍 72mm
キヤノン EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM キヤノンEF-S 1倍 49mm
キヤノン EF-S60mm F2.8 マクロ USM キヤノンEF-S 1倍 52mm
キヤノン MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト キヤノンEF-S 5倍 58mm
ソニー SEL50M28(FE 50mm F2.8 Macro) ソニーE 1倍 55mm
ソニー SEL90M28G (FE 90mm F2.8 Macro G OSS) ソニーE 1倍 62mm
ソニー SEL30M35 (E 30mm F3.5 Macro) ソニーE(APS-C) 1倍 49mm
タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017) キヤノンEF,
ニコンF
1倍 62mm
タムロン SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 (Model 272E) キヤノンEF,
ニコンF,
ソニーA
1倍 55mm ※1
シグマ 70mm F2.8 DG MACRO ソニーE 1倍 65mm ※2
シグマ 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art ソニーE 1倍 62mm
シグマ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM キヤノンEF,
ニコンF
1倍 62mm
※1 MF18ニコン用/キヤノン用を使用する場合は別売りのアダプターリング55mmをお求めください
※2 シグマ製MACRO FLASH ADAPTER 65mm(別売)を併用することで72mmのアダプターリングが使用可能
(レンズフィルターは49mmのものをご使用ください)
  • レンズにアダプターリングを取り付けると、一部のレンズを除きレンズ付属のレンズキャップが取り付けできなくなります。やむを得ずMF18をカメラに取り付けたまま収納する場合は、レンズに汚れが付着するのを防止するため、レンズとアダプターリングの間に、市販の撥水・撥油タイプの保護フィルターを取り付けていただくことをお勧めいたします。
  • ピント合わせに伴ってレンズ先端(フィルター取り付け部)が回転するタイプのレンズは、ピントを合わせる際にMF18の発光部ユニットも一緒に回転してしまうため、取り付けは可能ですがお勧めできません。特にオートフォーカス機能を使用するとレンズ駆動用モーターに負担がかかるため、やむを得ず使用する際はマニュアル(手動)でピントを合わせてください。
  • MF18の発光部を物理的にレンズに取り付け可能な場合でも、広角レンズや大口径レンズなどご使用になるレンズによっては画面の周辺にMF18の発光部の影が写ることあります。(発光部によるケラレ)
  • 対象となるレンズの種類が非常に多いため、個々のレンズとの組み合わせ可否につきましてはお答えしかねますのでご了承ください。