ニッシンデジタル - ストロボ・フラッシュ

コラム

「ストロボ遠隔操作」でポートレートが手軽に撮れる『ポータブルライティング・キット』を徹底解説!

キットによる基本的なライティング方法

ライティングを行うときは、最初に「基本ポジション」にストロボを設置し、人物の特徴によって「微調整」をします。次に「バリエーション」に移ります。

基本ポジション

微調整

バリエーション

では、それぞれについて、詳しく説明します。


【基本ポジション】

被写体の斜め45°、目線より高い

「斜め45°」…被写体から撮影者に向かって、右または左斜め約45°の位置という意味です。
「目線より高く」…被写体からストロボを見て目線より高い位置にストロボの高さを設定します。

綺麗に光が回りつつ、程よい陰影で立体感のあるライティングです。陰影がつくことにより服の質感が表現され、高級感のある写りになります。目線より高い位置から光を当てることで自然な印象になりやすいです。

適度な立体感でベーシックなライティングです。ライティングに迷ったときはこの基本ポジションから始めると良いでしょう。


【微調整】

基本ポジションは当たり外れが少ない標準的なライティングですが、万能ではありません。
被写体のイメージや肌の調子、凹凸やパーツの大小などの顔の特徴、着ている服の種類によって適した光の当たり方は異なります。基本ポジションからの微調整が必要になる場合がありますので、調整方法について見ていきましょう。

◎イメージ “格好いい”はサイド寄り、“可愛い”は正面寄りが似合う

被写体が男性など、格好いいイメージで撮りたい時は立体感が強調される位置(サイド寄り)に。女性や子供など、可愛らしさを出したり柔らかいイメージに撮りたい場合は、立体感を強調し過ぎない正面寄りの位置に調整することが多いです。

◎肌 シワや肌荒れが気になる場合は正面寄りに

正面寄りからのライティングはシワや肌荒れが目立たなくなり、肌が綺麗に写ります。

◎顔の凹凸やパーツの大小 気になる箇所が目立たないように

顔の凹凸やパーツの大小など、被写体の顔の特徴の気になる部分が強調されないような位置に調整します。陰影がつくと凹凸が強調されるため、立体感を和らげたい場合は正面寄りにしたり光源の高さを下げます。逆に立体感を出したい場合はサイド寄りにしたり光源の高さを上げます。

◎衣装の形・質感 服の形や質感を強調したい場合はサイド寄りに

服の形や質感をメインに表現したい場合は、見た目と大きく異ならないよう、光の角度を微調整してください。服の質感を表現したい場合は、ストロボをサイド寄りの位置に調整するのが良いです。

ポイント 一灯ライティングの場合は、何を優先するかはっきり決めましょう。上記は参考例です。ストロボ位置を、サイド寄りにするか正面寄りにするかは、最終的には写真で判断を行ってください。
※調整方法は一つの目安です。

【バリエーション】

さて、基本ポジションの調整が終わったら、次にバリエーションを撮りましょう。バリエーションには3つの基本パターンとその組み合わせがあります。

○同心円 被写体を中心に同心円状にストロボを移動させる。 

・同心円状に移動させる場合は、被写体との距離が一定のため、ストロボの発光量を変える必要はほぼありません。
・ストロボの向きが被写体に向くように調整してください。
・正面寄りにするほど若い印象に、サイド寄りにするほど大人びた感じに、さらに後方寄りに設置すると影を帯びてドラマティックな印象を与えます。

※注意 サイドから後方寄りに設置する場合は、ストロボ光が露出にあまり影響しないため、TTLが使えません。Mで光量調整を行ってください。

⇅上下  ライトスタンドを伸縮し、ストロボを上下させる。

・高くする場合は光量を強く。低くする場合は光量を弱く。
・ストロボ発光部が被写体に向くよう、上下角度の調整も行ってください。

↔距離 被写体へストロボを近づけたり、遠ざけたりする。

・近づける場合は光量を弱く。遠ざける場合は光量を強く。
・ストロボ発光部が被写体に向くよう、上下角度の調整も行ってください。

それでは、次のページではバリエーションの変化を具体的に見てみましょう。