ストロボ・スピードライト・フラッシュならニッシンデジタル

コラム

NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

NAS対応ストロボのペアリング方法まとめ

ストロボやコマンダーの対応マウントを問わず、全ての組み合わせで自由にペアリングして全機能が使用できる、ニッシン独自の電波式ワイヤレスシステム「NAS」。
おかげさまで、初代NAS対応製品「Di700A」「Air1」からスタートし、TTL発光対応・混信しない・発光量とズーム照射角がリモート操作できるなど数多くのメリットから、幅広いユーザー様よりご支持を頂いております。

NAS対応ストロボは、必ずペアリングをした機器とだけ通信するため、使用前にペアリングをしておく必要があります。
このペアリングは、通常使用では解除されてしまうことはなく、電池交換やリセットをしても保持されますが、新たにストロボを追加した場合や現場でトラブルが起きた場合など、再度ペアリングが必要になる場合もあります。

そこで今日は、NAS対応製品すべてのペアリング方法を写真つきでご紹介します!

・電源オフの状態で、ダイヤル中央のボタンを押し続けながら、電源ボタンを長押しする。
①ストロボ②コマンダーの順でペアリング操作をする

という共通の操作であることを覚えておいてください!

 


【ストロボ・レシーバー】

Di700Aの場合

電源をオフにし、ダイヤル中央の「Set」ボタンを押し続けながら、電源ボタンを長押しします。
ブザーが鳴りだし、パイロットランプが緑点滅をはじめたらペアリング待機状態に入りましたので、手を離します。
ペアリング完了後、必要に応じてワイヤレス撮影のモード(表示パネル一番右、紫の電波マーク)を選択し、A/B/Cいずれかの発光グループを選択して準備完了です。

i60Aの場合

電源をオフにし、右側ダイヤルの中央を押し続けながら、電源ボタンを長押しします。
ブザーが鳴りだし、パイロットランプが黄色点滅を始めたらペアリング待機状態に入りましたので、手を離します。
ペアリング完了後、ワイヤレスで使用する場合には、左側モードダイヤルを赤枠内のA/B/Cいずれかに設定します。

MG10の場合

電源をオフにし、OPENボタンを押し続けながら電源ボタンを長押しします。
ブザーが鳴りだし、パイロットランプが黄色点滅を始めたらペアリング待機状態に入りましたので、手を離します。
ペアリング完了後、右側の発光グループダイヤルを任意のグループに設定します。ダイヤルが赤丸印(ワイヤレスシャッターモード)ですと、コマンダーからのリモート発光ができませんのでご注意ください。

AirR

電源をオフにし、電源ボタンを長押しするとブザーが鳴りだしペアリング待機状態となります。
ペアリング完了後、必要に応じて左側のグループダイヤルをA/B/Cいずれかに設定します。

【コマンダー】

コマンダーは、必ずストロボやレシーバーをペアリング待機状態にしてから、最後にペアリング操作をしてください。
ペアリングさせたいストロボが複数台ある場合でも、全てのストロボをペアリング待機状態にしておけば、1回の操作で一斉にペアリングを完了させることができます。

Air10s

電源をオフにし、ダイヤルの中央を押し続けながら、電源ボタンを長押しします。
画面上の表示が消えパイロットランプのみが黄色点滅を始めたら、ペアリング待機状態に入りましたので手を離します。この際に手を離さずボタンを押したままですとペアリングが完了しませんので、待機状態になったら必ずボタンから手を離してください。

Air1

Air10sと同じで、電源をオフにし、ダイヤルの中央を押し続けながら、電源ボタンを長押しします。
画面上のランプ表示が消えパイロットランプ(橙または白)のみが点滅を始めたら、ペアリング待機状態に入りましたので手を離します。この際に手を離さずボタンを押したままですとペアリングが完了しませんので、待機状態になったら必ずボタンから手を離してください。

操作自体は非常に簡単ですが、トラブル時の対処のためにも頭の片隅に覚えておいていただけると、きっと何かの役に立つはずです。